Topics

大人の情報!アダルティックなびブログ:20170806

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
16-06

5歳から6歳という脳の臨界期に、
我が子どもに対して「お前は天才である!」と
言いきってしまうのが望ましい。

親父から
「お前は天才である!」と言われると、
子どもは自分を天才と思うようになり、
脳のシナプスを最大限増やすことが可能になる。

脳の臨界期は限られた期間しかないので、
ここで言っておかないと脳のシナプスを
最大限増やすことはできない。

そもそも天才は天与のものであって、
親父が言った所で天才になるわけがないのだ。

でも父が我が子どもを天才だと思うことは
決して悪いことではない。

お父さんが「お前は天才だ!」と
言いきってしまうことは、
息子の脳の成長には非常に有益なのである。

冷静に考えれば、
我が子どもが天才であろう筈がない。

しかしお子さんが何かをしてきて、
それに対して父が大袈裟に褒めまくり、
天才だと断言してしまえば、子供の脳に劇的な変化が起こり、
我が息子を天才と仕立て上げることが可能になるのだ。

ところが
大方のパパたちはそれをしない。

我が子供の些細なミスを見つけ出し、
それを叱りまくるということを仕出かしてしまう。

5歳や6歳だと
息子は親父と会話がきちんと成立するので、
お子様を小さな大人とみなしてしまい、
それで娘の欠点を突きまくる。

父が余り息子と接触し過ぎることが非常に危険なのは、
父親が育児をし過ぎる余りに
父母馬鹿になってくれなくなってしまうからである。

父親は仕事に専念し、
僅かな時間だけ息子に接するからこそ、
息子の成長が大きな変化に見えて、
物の見事に父母馬鹿になってくれるのである。

だからこそ日々の育児は
絶対に母親がすべきなのだ。

関連記事